足が痩せにくい理由と痩せる方法

足が太いと悩んでいる人は少なくありません。しかし様々な方法を試してみてもなかなか痩せないと言う人も多いものです。食事を制限してトレーニングをしても、足の場合にはかえって筋肉がつき太くなってしまうと言うことも多いため、どのようにすれば良いか悩んでいると言う人も多いものです。
足が痩せにくい理由は人間が直立歩行をするために必要な筋肉がすべてその部分に集中していることや、直立歩行を行っていることから血流が足の部分に集中しがちなことでそのリンパ節がむくみやすいと言うことによります。しかしそれらの機能がないと人間が直立歩行で安定して生活をすることができないため、人間の体として必要な機能となっているのです。そのため痩せようとしてもなかなか実現できるものではありません。
このような足が痩せにくい理由を十分に知った上で、痩せるためには効率の良いトレーニングをすることが必要です。余分な脂肪がついている場合にはこれを燃焼させるために運動を行うことが良い方法です。しかし極端に筋肉を鍛えるほどの運動をすると逆に太くなってしまうため、簡単なスクワットなどを短時間、間隔をおいて行うことが必要となります。筋肉は短時間であれば自らのエネルギーを使用して運動を行いますが、長時間になると有酸素運動となり周囲からエネルギーを受けて運動をすることになるため、自分自身を強化することになるのです。そのため筋肉が周囲の脂肪を燃焼させるレベルの運動に抑えて、これを時間をおいて繰り返すことで効果的に痩せることができます。
さらに強い負荷をかけないことも1つの方法です。足は通常体重を支えているため大きな負荷を常に受けていることになります。そのままの状態で運動をすると、負荷をかけた状態での運動となるため筋肉が強化されてしまうことになるのです。横になった状態で足をバタバタさせると、必要最小限の脂肪を燃焼させることになり、余分な負荷がかからないため脂肪燃焼だけで筋肉が動き効果的に痩せることができるものとなります。

Close
Close