食生活の改善と運動でお腹は痩せる

お腹まわりの脂肪に悩まされている方は多いのではないでしょうか。おへそのまわりに脂肪がついているとメタボリックシンドロームであると診断されてしまいますし、お腹が出ているとボトムス選びにも苦労してファッションの幅が狭くなってしまいます。お腹の脂肪を落とすためには、体の内側からアプローチして痩せる必要があります。食生活の改善と運動で、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を落とすことが大事なポイントとなります。男性の場合は内臓脂肪が多く、女性の場合は皮下脂肪が多いという特徴があります。内臓脂肪は悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や尿酸値や肝臓の数値を高めてしまう原因となり、動脈硬化や痛風や脂肪肝などの生活習慣病を引き起こすリスクを高めてしまいます。しかし、内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすいという特徴がありますので、まずは運動で働きかけてみましょう。内臓脂肪を落とすのに効果的な運動は、有酸素運動です。体内にたっぷりと酸素を取り込みながらウォーキングや軽めのジョギングをすると、脂肪が燃焼します。運動前にアミノ酸を摂取しておくと、脂肪燃焼効果を高めることが出来ます。1回30分を目安として行いましょう。皮下脂肪対策に効果的な運動は、筋トレです。腹筋や背筋を鍛えることで、みるみるうちに体が引き締まっていきます。筋肉量が増えれば基礎代謝量が上がるので痩せやすく太りにくい体になれますし、有酸素運動と組み合わせることでダイエットの相乗効果が得られます。食事面で心がけるべきこととしては、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖や食物繊維を摂取して腸内環境を整えて便秘にならないようにする、ビタミンB群やカプサイシンやアミノ酸を摂取して代謝を促す、水をこまめに飲んで新陳代謝を高める、揚げ物やラーメンや脂身の多いお肉などを控えて脂質制限をする、腹八分を意識して暴飲暴食をしない、朝食はしっかりと食べて夕食は少なめにする、スイーツや炭水化物を控えて糖質制限をする、色々な食材をバランス良く食べてタンパク質やビタミンやミネラルをしっかりと摂取するなどがあります。質の良い食事と運動で、理想のウエストラインに導きましょう。

Close
Close