自宅で行うボディケアについて

『ボディケア』というと、エステサロンや専門店で行うスペシャルケアのことを連想する方が多いかもしれません。しかしたまに行うプロの手による施術よりも、実はもっと大切で効果的な方法があります。それが、自宅で行うボディケアです。忙しい毎日のなかでセルフケアを行う時間なんてない…という方も多いかもしれませんが、従来行なっている日頃のルーティーンの中にちょっと一手間加えるだけでも、素晴らしい効果が得られるものです。そしてそうして日々こつこつと重ねられて行くセルフボディケアは、月一のエステよりもずっと効果が高いものなのです。
疲れやむくみは、早いうちに対処しておくのが吉です。週末のマッサージやエステサロン通いのために頑張っている方も多いかもしれませんが、1日の疲れは眠る前に癒してしまいましょう。湯船につかり温まった体は、お風呂場で洗うついでに下から上へとリンパマッサージを行います。手先・足先の血液や体液を胴体に戻すようなイメージで行うと、効果が得られやすいです。強く行う必要はなく、撫でるような感覚でも十分効果的です。また時間の余裕があれば、同じような作業をお風呂上がりにも行えると尚良いです。その際にはボディクリームやマッサージオイルを併用しましょう。
体の疲れや体液の滞りは、足元に溜まりやすいものです。お風呂上がりには、ふくらはぎをマッサージする習慣をつけましょう。必ずしも真剣に行う必要はなく、テレビやネットを見ながら痛気持ちいい程度にマッサージすると血流が良くなり、疲れが解消されやすくなります。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれる通り、ケアすることが全身の血流やリンパの流れが改善されやすくなります。痛みを感じる場所はリンパが詰まっていたり、なんらかのツボであることが多いので、優しく念入りに押してあげましょう。
寝る前に軽いストレッチを取り入れるのもおすすめです。そのどれも集中して行う必要はなく、日常動作の延長線上で行うことによって習慣づけられますし、負担なく続けることが出来ます。

Close
Close