ダイエット中の食事メニューは?抜くのではなくレシピを工夫!

ダイエットを成功させたいなら、単純に食事を抜くのは正しい手段とはいえません。たしかに食べていない間は体重が減っていきますが、そのような痩せ方に限度があります。ストイックに続けた結果、空腹に負けて食事をとった時点でダイエットは失敗となります。こまで飢餓状態にあった分だけ、一気に栄養を吸収してしまうからです。いわゆるリバウンドと呼ばれる状況であり、すぐにダイエット前の体重に戻ってしまうことも珍しくありません。さらに、今後飢餓状態になることに備えて、栄養を体内に溜め込もうとしてしまいます。非常に太りやすい体質になるということです。そのような困った状況を作らないために、ダイエット中も適度に食べる必要があります。
基本的には、野菜を中心としたヘルシーなものが良いでしょう。夏場であれば、野菜の冷製スープが飲みやすく、カロリーも低いのでダイエットにぴったりです。レシピは非常にシンプルであり、基本的には野菜ジュースにパプリカやトマトなどを入れるだけです。そこにオリーブオイルやこしょうを加えることで、味に程よいアクセントを付けられます。デザート感覚のメニューが良いなら、健康的な具材で作るスムージーがうってつけです。豆乳をベースとして、自分の好きな野菜やフルーツをミキサーにかけて加えるだけです。こちらのアクセントとしては、はちみつやレモン汁などが向いています。見栄えをおしゃれにしたい場合は、黄色のパプリカをメインの具材にすると良いです。鮮やかな黄色になるので、南国のフルーツジュースのような雰囲気になります。見た目の効果によって楽しい気分になることも、ダイエットを成功させるポイントの一つです。
たいていは野菜ばかり食べていると肉類を使った料理も食べたくなってきます。その場合は鶏むね肉を使用するのがセオリーです。なぜなら、鶏むね肉はカロリーが低いうえに高タンパクだからです。したがって、運動を主体とするダイエットの食事にもふさわしいです。

Close
Close