自宅でボディケアをする際の重要なポイント

体を美しくしたいからといって、やみくもに美容グッズを使うのは良いことではありません。しかし、自宅でボディケアをするには、それぐらいしか方法がないと思っている人もいるでしょう。高級なグッズを使っても成果が現れないなら、使い方が適切でない可能性があります。特に重要なのは体の汚れをしっかりと落とすことです。汚れが残ったままで、化粧水や乳液をいくら塗り込んでも高い効果は得られません。そこでポイントになるのは体を洗うことですが、単純にごしごし洗うだけでは逆効果になる可能性があります。タオルと皮膚との摩擦によって、肌のバリア機能がダウンしてしまうケースがあるのです。
そのような事態を避けたいなら、すぐに体を洗い始めないようにすることがポイントになります。タオルにボディソープを付ける前に、泡立て用のネットを使用しましょう。構造は同じなので、洗顔用のネットとして売られているものを流用しても構いません。これらのグッズを使用すると、普通に体を洗うときよりも大量に泡立てられるメリットがあります。それだけでなく、泡がとてもきめ細やかになるのもポイントの一つです。使い方はとてもシンプルで、ボディーソープをネットに乗せてスライドさせるように擦るだけです。このとき具合を見ながらお湯を少し加えると、もっと効率よく泡立てられるようになります。泡の量が十分になったら、手で塊をつかんで体のパーツの上に載せていきましょう。そして余った分をタオルにも付けて優しく体を撫でていきます。
こうすることで、泡に皮膚が守られてバリア機能を維持したまま綺麗にすることが可能になるのです。また、細かな泡の粒子が毛穴に入っていくことで、詰まりの原因となる細かな埃などにアプローチできます。洗い終わったら、肌にストレスを与えないように緩めのシャワーですすいでください。こうして肌を清潔で滑らかな状態にしてから、化粧水や乳液を塗るようにすると良いでしょう。

Close
Close