エステで行われる足のセルライトへの対処法

セルライトというのは皮下脂肪のことであり、本来は皮膚の下に脂肪を残すことでウイルスに打ち勝つための体温を維持するための機能です。しかし消化されなかった脂肪はどんどん蓄積してしまうだけでなく、年齢を重ねると代謝が落ちるので燃やされないままになります。そうして積み重なった脂肪は体内の毒素の一種活性酸素の影響で固まることで、皮膚のたんぱく質を押し広げることで特に足の皮膚が下に落ちる状態になってしまいます。

セルライトを解消するためには、運動によって筋肉を鍛えるだけでなく冷たい水と温かいお湯利用した温熱療法を使って元に戻すことになります。ただこのやり方で解消ができるのは下に垂れ落ち始めた初期段階であり、完全に下に垂れ落ちた状態だと自分の力だけでは解消するのが難しくなるのです。そこで解消するのが難しい段階に入り、冠婚葬祭や水着の着用などのイベントに備えて解消するのであればエステに依頼するのも手になります。エステで行われる足のセルライトへの対処法としては、マッサージと電気治療そして保温パックの3つの工程で改善を目指すのです。

そもそも蓄積する原因の一つとして、代謝が落ちていることが原因と言いましたが体のこの機能を支えるのが体温です。人間の平均体温は37度が理想とされていますが、運動量の低下により37度を下回ることがセルライトをひどくする原因になっています。そこで体温を上げるうえで重要な血流を改善するために、足のツボを熟知したプロのマッサージ師が適度な圧力で血流改善をします。血流が改善をしたら、次に老廃物を輩出する臓器に流す工程に入ります。血流改善によって脂肪を含めた老廃物はリンパに流れましたが、足の血管は重力の影響で流れにくいです。

そこで低周波の電流を流す装置を取り付けることで、足の血管を刺激して老廃物を外に逃がします。たれ落ちた皮膚は細胞が修復させるのですが、そのためには行動しやすい環境づくりが大事です。最後に足に保温パックをすることで、潤いを与えながら足を温めることで細胞が活動しやすい環境を作ります。この工程を1か月繰り返すことで、頑固なセルライトを解消するのです。

Close
Close